一口に耐震補強や地震対策と言っても様々だが、対策を打つのは早い方がいい。大切な住まいだからこそ。

自分の住まいの耐震性を考えておこう

これからも住まいは、耐震補強が重要

一口に耐震と言っても、その方法は様々だ。近年の大震災を受け、改めて日本が地震大国である事を痛感させられ、住まいにおける地震に対する考え方も確実に年々変化してきているだろう。一昔前まではリフォームに対するイメージは正直なところ余り良くなかった様に思う。しかしそうした背景もあって、今や耐震補強はリフォームでの重要なキーワードだ。ただリフォームだとどうしても限界があるし、出来る事も制限される。

あなたが今家を新築するタイミングなら、やりようはいくらでもある。日本の伝統的な家屋と言えば、やはり瓦が似合う。しかしこの瓦、耐震の観点からすれば余りよろしくない。どうしても瓦にしたいのであれば、軽量のメッキ鋼板等で瓦を模したデザインの物を使えばいい。一般的に住宅のスタイルとして、一階にリビング等の共用スペースがあり、二階が寝室などのプライベートスペースとなっている事が多い。ただこれも耐震の観点からすると、一階に小部屋が多く、二階に大部屋を持ってきた方が安定した家になる。壁の量も多い方がいいが、余り壁を作りたくないという人も、補強金具を多めに入れてもらったり耐力壁をとることで解決できる。耐力壁というのは簡単に説明すると、耐力壁1m分が普通の壁2mとみなされるとするなら、壁の量が半分で済み、その分大開口の部屋が設計できるという要領だ。対策を打つのは早ければ早い方がいい。これから新築を考える方は、是非そうした事も踏まえて臨んでもらいたい。

注目情報